トップページ | 抱っこひも ボバ

boba(ボバ)抱っこひも 新生児から使える

Boba Carrier
"ボバエックス"ぴたっとまるく、新生児から使える抱っこ紐
Boba Wrap
"ボバラップ"まるで赤ちゃんがお腹に戻ったような幸せな抱き心地
Boba Wrap
"ボバ4GS"しっくりスマートに抱っこができる
Boba Air
"ボバエアー"超軽量390g!小さく収納できて携帯するのにぴったり
Boba Mini
"ボバミニドールキャリア"ママとおそろいの抱っこ紐でお出かけ♪

NEWS

ベビー用品完全ガイドおすすめ抱っこ紐
ベビー用品完全ガイドに掲載されました

3月13日発売LDK特別編集【完全ガイドシリーズ】ベビー用品完全ガイド mini「ベビー用品辛口採点簿」でボバエックス、ボバラップは高評価を…

プレモおすすめ
ベビーグッズ全部見せ2020 に掲載されました

3月16日発売Pre-mo特別編集 ベビーグッズ全部見せ2020「おすすめ抱っこ紐」でボバエックス、ボバラップが掲載されました。是非ご覧くだ…

ボバラップ新カラー
春の新色発売!

ボバラップ・ボバエックスから春の新カラーが登場!ボバラップはパステルカラーがやさしいピーチソルベ、ペールブルー、ボバエックスからはリゾートを…

ボバラップ
代官山こどもビームスお試し抱っこ会

2月18日(火)、2月23日(日)にbobaのアドバイザーが代官山のこどもビームスさんにて安全で正しいbobaの抱っこ紐の使い方をご案内をさ…

ボバのこだわり(コラム)

カンガルーマザーケア
カンガルーマザーケア ースキントゥスキンコンタクトの科学

カンガルーマザーケアとは 赤ちゃんは1日中24時間近く、母親と可能な限り皮膚と皮膚を接触している状態にします。これは、赤ちゃんをカンガルーの…

ボバラップ心地よさの秘訣
【ボバラップ】心地よさ8つの秘訣

ボバラップ独自の全方位ストレッチで、大切な赤ちゃんをやさしく安全につつみます。赤ちゃんを手で抱っこしているよう心地よい密着感。まるで赤ちゃん…

外向き抱っこをしない9つの理由

外向き抱っこをしない9つの理由 オーストラリアのCatherine Fowler博士は2011年のCBS.comの取材で、赤ちゃんに外を向か…

夏のさわやかなベビーウェアリングへの5つのヒント

夏のさわやかなベビーウェアリングへの5つのヒント 5 Tips for Easy Breezy Summer Babywearing 赤ちゃ…

ベビーウェアリングが赤ちゃんに良い理由

  【赤ちゃんに必要なことを抱っこ(ベビーウェアリング)があたえてくれます。】   抱っこをすることで赤ちゃんは ・基本…

赤ちゃんとママにとって睡眠がとっても大事なわけ。~睡眠コンサ・・・

今回のコラムは、2018年夏に「ママと赤ちゃんのぐっすり本」を出版され、IMPI(米国で設立された乳幼児の健やかな睡眠習慣の確立と育児全般を…

股関節の形成異常症とベビーウェアリングについて
股関節の形成異常症とベビーウェアリングについて

小児整形外科手術のパイオニアであり、数多くの論文を発表している赤ちゃんの股関節研究についての第一人者 国際股関節形成異常症研究所チャールズプ…

あなたがお母さんにしてくれた
あなたが私をママにしてくれた

あなたが私をママにしてくれた あなたを感じた。 小さな小さな豆粒から大きくなり、 レモンとなり、かぼちゃになった。 周りのアドバイスを聞き、…

みらい整骨院・整体院院長川島先生インタビュー
赤ちゃんの姿勢や体幹の発育と、抱っこ紐の選び方(みらい整骨院・・・

今回のコラムは、年間で約120人もの妊産婦さんの骨盤ケア、子どもの姿勢矯正施術、また、地域の小学校で姿勢に関する講演なども行っている、骨や姿…

寝かしつけにおすすめ 最適な抱っこひも - ボバラップ

お腹の中で昼夜問わず動いていた赤ちゃん。 外の世界に出てきてから、しばらく何カ月かは、環境に慣れるまでお腹にいた頃と同じようなリズムで寝たり…

PHOTO STREAM

boba 4G 新生児抱っこの仕方
boba 4G 新生児抱っこの仕方

赤ちゃんを上から入れる動作ですが、服が脱げてしまったり、うまく入らない場合もあります。その場合は、両肩のストラップをはめてからではなく、片方だけをはめて、赤ちゃんをうまく設置した後反対側のショルダーストラップをはめても構いません♪ (対象:3.2kg ~7kg)

boba wrap 安全について
boba wrap の付け方について

赤ちゃんが下がりすぎないようしっかりと、きつく結びましょう。赤ちゃんの頭が見えていて呼吸が妨げられないよう、注意してください。脚が支えられるよう、太ももとひざ裏の生地を伸ばしましょう。横向きでだっこをしてはいけません。対面抱っこをお勧めします。前向き抱っこはお勧めしません。