赤ちゃんはいかに抱っこで運ばれることに適しているのか | 抱っこひも ボバ

boba(ボバ)抱っこひも 新生児から使える

赤ちゃんはいかに抱っこで運ばれることに適しているのか

赤ちゃんはいかに抱っこで運ばれることに適しているのか
赤ちゃん抱っこ
赤ちゃん抱っこ

いくつかの哺乳類は赤ちゃんを隠し置きます。その他の哺乳類の中には、例えば羊のように誕生の時点で母親について回るのに十分に身体が発達して誕生します。羽毛の生えた仲間も忘れてはいけませんね。ガーガー。私たちの赤ちゃんは、そのどれでもありません。

赤ちゃんうつぶせ

人間の乳児は、歩くまでにはほど遠い状態で生まれてきます。また、巣に残されることも意図されていません。人間の乳児は親密さを期待するように進化しました。人間の乳児の生存はそれによって決まります。

幸いなことに、彼らの丸まった小さな体は運ばれるようになっています。

赤ちゃん背骨

歩きだした幼児の背骨は「S字型」ですが、新生児の背骨は「J字型」であるため、太ももは小さな体の前で自然に引き上げられます。新生児が仰向けになっているとき、健康で筋緊張が良い場合は、太ももが胸に向かって真上に上がります。実際、新生児は体を平らにし、足を下の表面にまっすぐにするのにかなり苦労します。

赤ちゃん抱っこ

健康な新生児を抱きあげるとき、同じことが起こります、太ももは胸に向かって引き上げられ、脚を屈曲させて広げた姿勢をとります。

赤ちゃん抱っこ

新生児が抱きあげられたときのJ字型の背骨と脚を曲げて広げた姿勢は、赤ちゃんが腕で運ばれることを意図していたことを示唆する解剖学的考察です。

初期の人間の祖先に戻ってみると、母親の腰に曲げて広げた脚を適応させることが持ち運びを非常に簡単にして、特に二足歩行(母親が直立して両足で歩く)の出現と(人類の先祖よりも)体毛が少なくなった(赤ちゃんがしがみつくための毛が少ない)ことと同時に。
しがみつくものが何もないので、母親は赤ちゃんの背中を支えはじめ、腕に抱きかかえる必要がありました。

ゴリラの親子

いくつかの類人猿は、私たちが赤ちゃんの腰や背中を支えて腕に抱くように、幼い赤ちゃんを運びます。私たちの赤ちゃんは、母親の毛をつかんで自分の体重を支えられないかもしれませんが、それでもしがみついています。

母親が思いがけず向きを変えたり急に動いたりすると、赤ちゃんは積極的に足を母親の体に押し付けます。赤ちゃんはお母さんのさまざまな動きとシンクロ(同期)の状態にあり、適切に反応して自分の姿勢を維持します。少し曲がった(まるまった)人体は、運ばれるように積極的に貢献し適応しています。

赤ちゃん抱っこ

曲げて広げた脚、乳児のJ字型の背骨、しがみつく反射のすべては、私たちの赤ちゃんが抱っこで運ばれることを意図していることを示唆する解剖学的適応です。

ですから、巣や入れ物の中に置いたままにしないでください。私たちの赤ちゃんは運ばれることを意図されていました。さあ、連れていくために抱きあげてください!