夏のさわやかなベビーウェアリングへの5つのヒント | 抱っこひも ボバ

boba(ボバ)抱っこひも 新生児から使える

夏のさわやかなベビーウェアリングへの5つのヒント

夏のさわやかなベビーウェアリングへの5つのヒント

夏のさわやかなベビーウェアリングへの5つのヒント
5 Tips for Easy Breezy Summer Babywearing

赤ちゃんを抱っこすることは素晴らしいことですが、暑い夏は抱っこが熱いことも確かです。
そこで、bobaの社内のベビーウェアリングコンサルタントがこの時期にできるだけ抱っこを快適にするヒントをまとめました!

 

1.暑い時期でも抱っこはできる?
何世紀にもわたって、また地球上の暑い地域でも、赤ちゃんは抱っこされています。人間には体温の調節機能とその状況が適しているかいないかを感知する能力があります。ご心配なさらず。抱っこで赤ちゃんをオーバーヒートさせることはまずはないでしょう。

抱っこで過ごせば親や保育者が通気を気にかけることができます。ベビーカーはフードや日よけがあっても急速に温度が上昇しますし、熱がこもる場合もあるので、そのことを表現できない乳幼児にとって危険なこともあります。ベビーカーを使う場合は、座席の温度を確かめ、新鮮な空気を通すようにましょう。
抱っこをしていれば、赤ちゃんの体温や呼吸をモニターできます。水分補給と体温調節のための適切な授乳を行いましょう。
2.夏の服装について
赤ちゃんを抱っこしていないときでも夏は軽くて風通しの良い服が好ましくありませんか。できれば綿や麻、竹などの天然繊維でできているものが良いです。
抱っこする親と赤ちゃんの間に布をはさめば、ベタベタすることも防ぎます。
ガーゼやモスリンを親子の間に挟んで、汗を吸収したら交換するのもいいですね。
Bobaなら、bobaX, boba 4G,boba airを使っているならば、ぜひガーゼやモスリンを使って、湿り具合をみて交換することを試してみてください。
ボバラップの場合はとても薄着で抱っこするのがいいです。
3.日差しを遮りましょう
できるだけ日陰や室内で過ごし、外出は早朝や日暮れの時間などの涼しい時間帯にするように予定できるといいですね。そういうわけにもいかないときは、自分で日陰をつくりましょう。ツバの大きな帽子や日傘がおすすめです。赤ちゃんまで日陰に入れられるような大きなツバの帽子もありますね。

注意したいのが、赤ちゃんのムチムチとしてかわいい脚と腕です。布でカバーされていない部分は、赤ちゃんに安全な日焼け止めを使いましょう。
抱っこ紐にフードが付属しているものは適切に使ってください。完全に覆ってしまうと熱い空気をためてしまいます。赤ちゃん口の前は覆わずにいつも解放されているように注意しましょう。
4.あなたも赤ちゃんも水分をよくとりましょう
水分補給が多いほど汗をかくようにはなります。ペタペタしますが、汗をかくことで水分を蒸発させて体温を下げることができます。
ベビーウェアリングをしていると、大人が子どもよりも体温調節の機能が発達しているので赤ちゃんを冷ますことも手伝えるのです。
授乳期は、赤ちゃんは必要な水分を頻繁な授乳で摂取するので、暑い時期は飲む量が増えることに気がつくかもしれませんね。
母乳はとても不思議です。赤ちゃんに充分な水分をあたえるために外気温に反応して水の割合が高くなるのです。赤ちゃんは暑い時期はより頻繁に飲みたがるので、抱っこ紐のなかで授乳できるといいものです。
抱っこ紐の中では落ち着かない場合は、日陰に座り、少し休憩して赤ちゃんが喉の渇きを癒やすまで待ちましょう。
5.夏の抱っこ紐選び
ボバラップのミニ裏毛(ループ)は吸湿と発散性があります。そして竹から生成されたビスコースのセレニティは通気性があります。セレニティは通常のボバラップよりもひんやりと冷たくも感じます。
ボバラップも含まれるストレッチラップは、3つの層を布で作るために暖かく、暑い中ではベストな選択ではないかもしれません。布で覆う部分が多ければサポート機能は高まるものの、通気は妨げてしまいます。
しかしながら、空調が整った屋内では新生児や小さな乳児には依然理想的です。多くの親は、屋内ではボバラップ、外でのアドベンチャーにはboba Xのような通気性のあるものを選んでいます。
Boba X、Boba キャリア、Boba Airは側面が開いているので風通しがよく、Boba Xは高さと幅の調節ができるシートとパネルを備えているため、小さな赤ちゃんにとっても万能の抱っこ紐です。
赤ちゃんが7キログラム以上で首も据わっているならば、Boba Airはおでかけにぴったりです。とても軽くてきれいに収納することができるので、ベビーカーを使う場合にも持って出かけると助かることがあります。赤ちゃんと一緒に自転車のキャリアに赤ちゃんを載せて出かけるときにも、バッグにBoba Airをいれておくと便利です。
そしてBoba Airは完璧なビーチキャリアです。洗うのも簡単で洗うのも簡単で驚くほどすぐに乾きます!
赤ちゃんの腰がすわって大きければ、おんぶにもトラするといいです。少し涼しく感じます。まだ試したことがなければこちら(https://boba.com/pages/boba-x)をご参考に!夏でも抱っこをあきらめることはないのです。あなたも赤ちゃんもすこしの工夫で季節にあったベビーウェアリングを楽しむことができます。クールダウンするために休憩をとりながら楽しんでくださいね。赤ちゃんが出すサインも見逃さずに。さあ抱っこしてみましょう。